東大TICPOC講義報告

先月、東京大学の高度医療人材養成プログラム「価値に基づく支援者育成」で講義をしてきました。このプログラムは以前もに記事した通り、一流大学の教授クラスが多く講師をしているのですが、受講者も一流の専門家や実践家の方ばかりで、中にはこちらも大学教員の先生もいらっしゃいました。そのような中、私のような特に名前も売れていない人間が講師として登壇するのは若干ためらわれましたが、せっかく頂いた機会でしたので、精...

良書との出会いは専門家の人生を変える

先日、ESDM公式ワークショップの手伝い(認定セラピストとしてグループワークの補助)のため、札幌に行ってきました。妻と子ども2人も同行するという、仕事兼家族旅行(笑)でした。期間中はあいにくの曇天で、札幌にしてはじめじめとした気候だったようですが、関東のしとしとじめじめを抜け出しての上陸だったので、私としては快適でした。認定セラピストにチャレンジするためのアドバンスワークショップは、参加者がたった10名...

ESDM公式ワークショップ in 札幌

7/13(土)に札幌でESDMの公式入門ワークショップが開催されます。私の認定セラピスト仲間で児童精神科医の館農幸恵先生(ときわこども発達センター)が中心となって、カリフォルニア大学デイビス校マインドインスティテュートからお二人の講師を招聘して実現する運びとなりました。私もお手伝いに行く予定です。さて、そのESDMは効果が科学的に検証された世界で唯一といってよい超早期(1歳前から適用可能な)に特化した自閉症療...

自己研鑽と人材育成

大変ありがたく、また光栄なことに、毎年色々な機関様から講演や講義のご依頼をいただきます。その都度、ご期待にこたえられているかどうかはあまり自信がありませんが、ありがたいことにアンケートではたくさんのご好評をいただいています(ただ、自分が受講者側の際もそうですが、アンケートは実際よりも少し好意的に書くことが多いので、好評でもおごることなく、またご指摘や苦言があった時はよほどのことだと反省するようにし...

そもそも支援の質ってなんだ??

先の記事の厚労科学研究への協力は、記事の最後に書いたとおりこちらの負担が非常に大きく、本業がおろそかになりそうでしたので、残念ながら一旦辞退することとしました。全国的なシステムにかかわる取り組みに関与させていただけるのは光栄ですが、その代償として本来やらなければならないことをおろそかにする、というのは本末転倒だと思いますし、またシステムの案の大枠はすでに厚労省から出されているようで、私どもが協力を...