雑誌記事掲載

小学館さんの保育士向け雑誌「新 幼児と保育」に当社の個別指導療育を取り上げていただけました。前回は当社受託の入間市児童発達支援センター紹介記事をご掲載いただきましたが、今回は当社事業所の個別指導療育を実際にご取材いただき、また4ページにわたってご掲載いただけました。療育の趣旨を細かく説明させていただいたのですが、しっかりご理解いただき、一般の方にもわかりやすい表現にしていただき、また写真やかわいいイ...

センター始動

年度をまたいで本当に多忙だったので、またブログをさぼりまくってしまいました。ここまでさぼってしまうと、読んでいただける方がほとんどいなくなってしまったのではないかと思いますが、また地道に書き続け、これまで読んでいただけていた方が戻ってきてくださることを待ちたいと思います。さて、この4月に弊社では入間市児童発達支援センターを受託しました。新型コロナウィルス感染拡大のため、本格始動は6月になってしまいま...

入間市児童発達支援センター受託と求人のお知らせ

埼玉県入間市に来年度、障害児支援の拠点施設「児童発達支援センター」ができ、民間委託される予定なのですが、この委託事業者に当社、株式会社スペクトラムライフが選ばれました!(http://www.city.iruma.saitama.jp/kurashi/kosodate/1007335/shien/1009823.html)私が6年前、11年勤めた国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局秩父学園を退職し、当社を設立した際には、国という立場で個人的にできること(国内外の先...

叱ることの是非⑤

またまた筆不精になってしまいましたが、ここ2ヶ月はワケあって超多忙でした。後日、別記事で詳しくお知らせしますが、ブログ執筆どころではない状況でしたが、ようやくいくらか時間を取れるようになってきました。さて今回は、前回予告しましたとおり、叱ることの副作用について触れたいと思います。近年、叱る対応、つまり怒鳴ったり叩いたりすることに問題がある、ということは社会的に共有されており、虐待・体罰・DV・モラハ...

叱ることの是非④

意図的にやっている(オペラントの)不適切行動と本人もコントロールできていない(レスポンデントの)不適切行動では、起こっている理由も必要な対応も異なります。前者の不適切行動に対する対応は、先の記事に書いたとおり「何をしていても良いことが起こるけれど、不適切行動をしたときだけそれがストップする、という状況を作り出す(他行動分化強化)」対応や、その他例えば、要求で他害行動をしている場合に絵カードでの要求...