2015年07月の記事

心の理論障害仮説①

自閉症の認知の特徴の一つと言われるのが「心の理論(Theories Of Mind:TOM)の障害」です。この心の理論の障害は、「他者の心の状態を推測することの苦手さ」のことです。色々な課題で、この心の理論が十分に発達しているかあるいは障害があるかを調べることができるのですが、その中で一番有名なのがいわゆる「サリー・アン課題」です。(5コマ目の質問に対して「カゴ」と答えられたら正解です)同じ知能指数であっても、定型発...

よもやま話:蝉時雨

暑い日が続き、夏真っ盛りですね。毎日殺人的な炎天下の中、セミたちの大合唱が大変にぎやかです。聴覚過敏のある自閉っ子たちの中には「せみ!ウルサイ!!」とお怒りの子が時々いますが、その子達には申し訳ないけれど、私はセミの鳴き声は夏の風物詩として大好きです。何年も土の中にいたセミたちが、ほんの数週間の我が世の春、いや夏を謳歌していて生命力にあふれる感じがしますよね。また、夕暮れ時のセミの声は夏の情緒や風...

自閉症と睡眠障害

療育相談びーこんでご家族と、あるいはSLアウトリーチで園や学校の先生方とお話していると、時折子ども達の睡眠障害の話になることがあります。自閉症のお子さんには睡眠障害が多いことがよく知られており、取り組まなければならない優先順位が非常に高い問題です。したがって、私はご家族や先生方からこのご相談が出てこなくても、こちらから睡眠障害がないかどうか必ず確認するようにしています。しかしながら、ご家族や先生方の...

子育て支援②

(続き)それからもうお一方、新潟青陵大学の橘玲子先生のお話も大変興味深かったです。橘先生のお話は、新潟県三条市の取り組みの紹介でした。三条市は平成17年~26年までの間、市町村に義務付けられていた次世代育成支援対策推進法に基づき、複数のプロジェクトを独自に立ち上げ、様々な取り組みを行ってきたそうです。そうしたプロジェクトの中における臨床心理士の関わりについて言及されていました。それらのお話の中で興味深...

子育て支援①

先日、日本臨床心理士会等が主催した「子育て支援講座」に参加してきました。テーマは「地域における子育て支援-臨床心理士の新たな役割-」でした。私どもは主に発達に個性のあるお子さんに対する発達支援をさせていただいていますが、バランスの良い発達をしている子と個性的な発達をしている子を、分けて保育・教育したりする取り組みは世界的には縮小させる方向性で、なるべく同じ場で保育・教育する、また個性派の子達用に研...

不定期連載 スペクトラムくんとライフさん

以前の記事でご紹介した「スペクトラムくんとライフさん」続報です。前回、スペクトラムくんがマンガ家デビューを果たしたことをお伝えしましたが、実はそのデビューの直前、彼に弟がいることが発覚しました。その名は「スラップくん」見た目はそっくりですが、性格は正反対。スペクトラムくんは穏やかでシャイな性格ですがスラップくんは負けず嫌いのやんちゃ者です。スラップくんは兄のスペクトラムくんにライバル心を持っていて...