2016年03月の記事

スポンサーサイト

あれから5年③

(続き)あの時、助けに行こうとした人と、逃げようとした人の違いに、「子どもがいるかどうか」という違いがあるという見方もあるかもしれません(自分ではなく子どものために「逃げたい」と言っていた)。しかし当時、自分の子どもの安全をしっかり確保した上で現地に駆けつけた(または募金やボランティアの応援など自分にできることをやった)人は実際にいましたし、何より現地には同じく小さな子どもを抱えて苦しんでいるお母...

あれから5年②

(続き)初日は、風が非常に強い日で、作業していると瓦礫の破片や板などの類が強風に乗って飛んでくるので、それらをかわしたりしながら、つまり自分の身は自分で守りながらの作業となりました。1日で全身が激しい筋肉痛に襲われ、2日目は本当にきつかったことを覚えています。でも、そうした瓦礫撤去作業の休憩時には、住宅の住民の方が出てきてくださり、私たちに労いの言葉をかけてくださり、本来ご自身に必要な食料や飲料を振...

あれから5年①

2011年3月11日の東日本大震災から、もう5年も経つのですね。あの時のことを振り返ると色々な記憶と思いが湧き上がってきますし、その後にもさまざまな気付きがありましたので、今回はそれを整理して書いてみようと思います。私の母の出身が宮城県で、現在両親がそちらで暮らしていることもあり、私は東北に深い所縁があります。以前は、南三陸町(旧志津川町)に親戚が住んでいたこともあり、あの海の見える素敵な町には何度も訪問...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。