入間豊岡教室開所!

この4月に、入間豊岡教室、無事開所にこぎつけました!
P1020487.jpg
(通りに面したオレンジ色の看板が目印ですが、現在たまたま建物自体の外装修繕中で、6月くらいまでこの有様で、看板もよく見えません)
P1020488.jpg

入間豊岡教室では、児童発達支援の制度を利用した「早期療育すれい」と放課後等デイサービスの制度を利用した「学童療育スラップ」、保育所等訪問支援の制度を利用した「SLアウトリーチ」を実施しています。

「すれい」と「スラップ」は1回50分の個別指導療育で、毎週決まった曜日・時間にお通い頂く形で、「SLアウトリーチ」は園・学校に訪問支援して先生方に助言をさせて頂くものです。

教室の場所は、彩の森入間公園の近くです。専用の駐車場が3台分確保できましたので、お車でのお越しが便利です。また、彩の森公園にも大規模な駐車場がありますので、そちらに停められて、療育帰りに公園で遊んでいかれても良いかもしれませんね。

入間豊岡教室は、所沢教室と同様、多様な専門職が、様々な教材を用いてお子さんの発達を促します。
P1020485.jpg(玄関)

P1020483.jpg(勉強コーナー)

P1020484.jpg(休憩コーナー)

P1020486.jpg(手作り教材の数々)


所属スタッフは、臨床心理士・保育士・児童指導員・社会福祉士および精神保健福祉士です。

弊社の療育は、預かり型や請け負い型ではなく、ご家族の皆様とお子さんの育ちを一緒に考え、協働していくスタイルですので、ご家族の皆様には「療育に通わせてさえおけば安心」あるいは「子育ての外注」という感覚ではなく、ぜひスタッフを子育ての仲間と位置付けて頂き、主体的にコミュニケートして頂ければと思います。

まだ開所したばかりですので、利用枠に空きはある程度ありますが、一旦埋まってしまいますと数ヶ月待ち、一年待ちなどとなってしまいますので、療育機関をお探しの方は、お早めにご連絡頂けますと幸いです(電話番号04-2968-8028)。

さて、私が前職を辞めて弊社を設立した目的は、単に一療育機関を作りたかっただけではなく、個性のある子ども達が生きやすい地域づくりに貢献したかったからでもありました。

地域がどのような特徴や方向性を持っているかは、そこに住む住民だけでなく、市町村等の行政機関がどのような特徴や方向性を持っているかにも大きく左右されると考えています。

そのため、今回新しい事業所設立にあたり、事前に行政の担当者の方や責任者の方にご相談させて頂きましたが、入間市は非常に前向きに迎えてくださいました。

さらに設立後も、市や基幹相談支援センター、相談支援事業所等の方々とやり取りさせていただきましたが、こちらの思いをとても前向きに受け止めてくださっていました。

お高くとまったお役所的対応ではなく、市民、そして子ども達の生活や人生を良くしたいと願う支援者・生活者的姿勢で迎えてくださったように感じました(市民の視点からは当たり前の姿勢ですが、公務員や専門家の世界において、本当の意味でこの姿勢をとり続けることは意外に難しいと、元公務員であり専門家の世界にいる者として感じます)。

今後、子ども達に対する直接の療育をさせて頂くだけでなく、入間市を個性派の子ども達にとって生きやすい町にしていくお手伝いもさせて頂けたら、と思っています!

どうぞよろしくお願い致します!